[PR]

 九州新幹線西九州ルート(長崎新幹線)について、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム(PT)は24日、フル規格で整備が進む武雄温泉―長崎の開業時期を2022年秋ごろとするとの報告を国土交通省から受けた。また、会合後、国交省は来年度予算の概算要求に、未着工区間の新鳥栖―武雄温泉の環境影響評価(アセスメント)の費用を盛り込まないことも明らかにした。

 同日午後に都内であった会合後、細田博之座長らが取材に応じた。

 武雄温泉―長崎は12年6月に着工。これまでは開業時期を22年度としていたが、トンネルや橋などの工期のめどが立ち、開業時期を具体的に見通せる状況となった。

新鳥栖―武雄温泉のアセス費は要求見送り

 一方、未着工区間のアセス費は、地元の佐賀県が同意しておらず、昨年に続いて要求を見送る。会合では議員から「県と国交省がしっかりと協議を進めるように」との注文があったという。国交省は年末の予算編成での予算化をめざす意向も示した。

 また、国交省は与党PTに、北海道、北陸、九州の整備新幹線の建設費(20年度は804億円)の増額を求める方針も説明した。増額分は金額を示さない「事項要求」として概算要求に盛り込む。(松本真弥、高橋尚之)