[PR]

 LGBTなど性的マイノリティーのカップルを公的に認める「パートナーシップ登録制度」を高知市が来年2月から、県内の自治体で初めて導入する。同性カップルらが市に登録すると、証明書とカードが交付され、病院などで家族として認められる。

 市が24日の市議会総務常任委員会で明らかにした。

 パートナーシップ制度は2015年に東京都渋谷区が国内の自治体で初めて導入した。市人権同和・男女共同参画課によると、「双方が成年」「近親者でない」などの条件を満たせば、パートナーとして登録できる。同性だけでなく、事実婚の男女のカップルらの利用も想定している。

 希望者は必要書類を提出し、登…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

関連ニュース