[PR]

 菅義偉首相は24日、就任後初めて韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と約20分間、電話で協議した。元徴用工問題をきっかけに悪化した日韓関係について、首相は「このまま放置してはならない」と伝えた。ただ、「関係改善は韓国の対応次第」とする安倍政権の姿勢を引き継いでおり、好転するきざしは見えていない。

 両国首脳の対話は昨年12月、中国で開かれた日中韓首脳会談の際、安倍晋三前首相と文氏が会談して以来、約9カ月ぶり。協議は韓国側の求めで行った。

 菅首相は協議後、首相官邸で記者団の取材に応じた。「戦後最悪」と言われるほど冷え込んだ両国関係について、「このまま放置してはならない旨を伝えた。我が国の一貫した立場に基づいて、今後とも韓国に適切な対応を強く求めていきたい」と述べた。

 日本政府の説明によると、首相は日韓関係を健全な関係に戻していくきっかけを韓国側がつくるよう改めて求めた。韓国政府の説明では、文氏は「両国政府とすべての当事者が受け入れ可能な、最適な解決策を一緒に探したい」とする従来の立場を強調した。

 個別のテーマでは、首相は協議…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら