[PR]

 ソフトバンクグループ(SBG)の子会社「新型コロナウイルス検査センター」は24日、法人や自治体を対象とした事業を始めると発表した。唾液(だえき)を用いたPCR検査を1検体あたり2千円(税・配送料など除く)で請け負う。無症状の感染者を見つけ出すことをねらいとし、新型コロナの感染拡大防止につなげたいという。

 検査は当面、法人などを介して実施し、個人からは受け付けない。自身で唾液を採取して容器に入れ、特定の配送業者を使って送付する。検査施設に到着後、最短2時間で結果がわかるという。ただし、医師がかかわらない仕組みのため、陽性の判定が出た場合、正式な診断には医療機関の受診が必要になる。

 検査施設は、医学的な指導を受ける国立国際医療研究センター国府台病院(千葉県市川市)内に開設。検査能力は1日4千件だが、今秋中に同1万件に引き上げることをめざす。すでに100万回分の検査キットを確保したという。

 同病院で会見したSBGの孫正義会長兼社長は、事業について「利益を目的にしていない。安心して経済を再稼働していくためにも安価で簡単な検査は有益だ」と話した。(松浦祐子)