[PR]

 東京都は24日、政府の観光支援策「Go To トラベル」の対象に10月から東京が追加されることを受け、都民による都内旅行の代金を独自に補助すると発表した。トラベル事業とも併用でき、補助分を都が上乗せする仕組み。開会中の都議会に関連予算案を提出する。

 助成対象は旅行業者が企画する都民による都内観光で、新型コロナウイルスの感染防止対策を徹底した旅行商品。宿泊した場合は1泊5千円を補助する。トラベル事業は1泊あたり2万円を上限に旅行代金の50%を補助する仕組みで、都の事業と併用すれば最大で2万5千円の補助が受けられることになる。日帰りの場合でも1回あたり2500円を補助する。

 予算規模は22億円。10月下旬以降の旅行商品が対象になる見込みという。

 小池百合子知事は「都内の感染状況を踏まえながら、感染拡大で甚大な影響を受けた観光産業の早期回復、東京観光への都民のニーズにも応える。国の事業と連携しながら取り組んでいく」と狙いを説明。医療体制が脆弱(ぜいじゃく)な島しょ地域も対象で、「島を旅行される都民、迎え入れる事業者の皆さんには感染予防を特にご注意をいただきたい」と呼びかけた。

 トラベル事業は、都内で感染者数が突出していたことを受け、都民の旅行などを対象から外した形で7月22日に始まった。10月1日から新たに割引対象になる東京発着の旅行商品の販売が今月18日から始まっている。(長野佑介)