拡大する写真・図版うがいは、新型コロナの感染予防に効果があるのだろうか

[PR]

 風邪などの感染予防で呼びかけられることが多い「うがい」。新型コロナウイルス対策で、世界保健機関(WHO)や厚生労働省などが手洗いやマスク着用を勧めているが、うがいの効果については、はっきりしていない。新型コロナに対する効果はあるのだろうか。

手洗いやマスクは勧められるが

 厚労省はウェブサイト上で新型コロナの予防法として、せっけんによる手洗いや手指の消毒、マスクの着用などを挙げているが、うがいについての記載はない。

 厚労省の担当者に取材すると、新型コロナに対するうがいの効果について、「科学的に確立されたエビデンス(根拠)はない」と説明する一方、「のどの調子を整えるために習慣になっている人もいる。とくに推奨はしていないが、否定するものではない」。

拡大する写真・図版新型コロナウイルス感染症対策に広く呼びかけられている手洗い

 うがいは、国内では学校などで広く呼びかけられる習慣だが、欧米などでは手洗いや手指の消毒と比べて、それほど普及していない。感染症の予防効果を巡る学術論文もあまり多くない。

 そのひとつが、京都大学の研究チームが2005年に国際医学誌に発表した論文(https://doi.org/10.1016/j.amepre.2005.06.013別ウインドウで開きます)だ。うがいが風邪予防に効く可能性を示した。

 風邪の流行する冬季に18~6…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら