拡大する写真・図版俳優の市毛良枝さん=東京都内、山本和生撮影

[PR]

 かつてメディアに「お嫁さんにしたい人」というイメージを付けられて葛藤したという市毛良枝さん。4年前に亡くなるまで13年近くに及んだ母の介護を経て、「向いていない」と感じる俳優の仕事も見つめ直すように。それでも小さな抵抗は、今も続きます。

 行方不明の高校生の息子は、加害者か被害者か。案じてやつれる娘にあれこれ世話を焼く。10月9日公開の映画「望み」で、そんな母を演じている。「よかれと思っているけれどうっとうしい、『善意の暴力』のお母さん、いますよね。(共演の)堤真一さんが冗談半分で『あのお母さん何とかしろよ』と言っていました」

拡大する写真・図版10月9日公開の映画「望み」で石田ゆり子さん(右)の母を演じる市毛良枝さん(左)

 自身の母も「まさにそうだった」と笑う。「私はどちらかというと猫タイプで、母はベタッと寄ってくる犬タイプ。本を読んでいると『何読んでんの?』。夜10時ごろに帰ったら『今日何食べる?』。えっ、食べてないの? ってことも何度かありましたね」

 その母が脳梗塞(こうそく)で初めて倒れたのは2004年。05年に再発後は深刻な状態が続き、「これが最期かと覚悟した」。「復活」したものの、リハビリ支援や自宅での介護の負担がのしかかった。アフリカ大陸最高峰キリマンジャロなど、40歳から始めた国内外での登山もできなくなった。

 「介護うつでは」と思うようになったのは50代後半ごろだ。

 毎シーズンのように続いたドラ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら