[PR]

 コロナ禍のため高座に上がれない時期が続いたかと思えば、今度はまさかの1日6席。落語家の桂塩鯛(しおだい)(65)が未知なる独演会に臨む。

座席制限で2回公演

 「ネタも変えてくれ、と言われまして。気合は入りましたけど。こうなった以上は、命のあらん限りやらせてもらおうじゃないかと思います」。例年なら、3席の独演会を1回きり。だが、今年は912席のホールの半分しか一度に収容できず、2回やることになった。思わぬ展開に、ほがらかな笑顔を見せつつも、緊張感をにじませる。

 新型コロナウイルスの影響で、落語会は次々となくなった。当初は「体を休められる」と前向きに受け止め、外を歩きながらよくネタを繰っていた。だが、先の見えない状況でさすがに気がめいった。「落語をしたくない、というところまでいきました」。ようやく落語会は再開されたが、高座で発する言葉にいつものキレが出ない。戸惑いつつ、徐々にしゃべりの調子を取り戻したという。

 ただ、芸歴43年のキャリアでも、1日に6席もかけるのは初めてのことだ。

1日6席をどう乗り切るか

 「コロナよりも私の体力の方が…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら