[PR]

 五輪女子マラソンで2大会連続メダリストになった有森裕子さん(53)。1996年のアトランタ五輪で銅メダルをとったときの名言「自分で自分をほめたい」は、あまりにも有名だ。その言葉を生み出す元になった、亡くなった恩師からのある言葉がある。社会貢献活動に力を入れるいまも、その言葉は、有森さんの心を支えている。

拡大する写真・図版「リクルートに入り小出監督と出会えたのは、とても幸運でした」。いまも感謝を忘れない=東京・丸の内の東京会館本館の「ロッシニテラス」、倉田貴志撮影

 学生時代、マラソン選手としては無名だった。89年、リクルートの小出義雄監督(故人)の門をたたいたが、実績がなく最初は断られた。何とか入部を果たしたが、「最初はマネジャーのつもりだったようです」。だが誰よりもハードな練習メニューに、くらいついていった。徐々に、結果を出すようになってきた。

なんで、私だけがこんな目に遭うの?

 あるとき、小出監督に言われた。「お前は、体の素質はないが、気持ちの素質は世界一だ。だから、何とかなるぞ」。この言葉は、自信になった。「小出監督も、(学生時代に実績がなくて、その後、成績が伸びていく)私のようなタイプは、初めてだったんだと思います」

拡大する写真・図版1992年のバルセロナ五輪の前、米コロラド州ボルダーでの合宿で小出義雄監督と=アニモ提供

 有森さんは、自身を「どちらかというと物事をネガティブに考え、落ち込みが長いタイプ」と自己分析する。足などのけがが多く、思うように練習ができない期間もあった。どうしても「なんで、私だけがこんな目に遭うの?」と悩んでしまう。

 監督のいる事務室へよく顔を出…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら