[PR]

 コロナ禍で少なくなった活動発表の場を提供しようと、山口県周南市のライブハウス関係者らでつくる実行委員会が11月28日、JR徳山駅周辺の4会場でイベント「ボクマチミッション」を開く。会場を2時間まで無料で貸し出し、客同士の間隔を確保するなど感染防止対策を講じる。実行委は今月26日から出演者の募集を始める。

 イベント開催が難しくなるなか、発表の機会を失った人たちを応援し、まちを盛り上げようと企画。地元の商店街が共催し、県の商店街応援キャンペーンの補助金を活用する。

 会場は①RISING HALL(100席)②LIVE rise SHUNAN(30席)③市立徳山駅前図書館2階屋外ステージ(20席)④シネマ・ヌーヴェル(50席)。入場無料だが図書館以外はワンドリンク制(600円)。出演者の年齢やジャンルは問わない。午前11時~午後1時、午後1~3時、午後3~5時の時間帯から選ぶ。準備と片付けの時間を含む。

 コロナ対策として出演者は不特定多数の入場を制限し、招待者のみに限定できる(図書館を除く)。

 実行委員長の兵頭尚吾さん(38)は「ステージからもらえるパワーを、より多くの人に届けたい」。

 応募締め切りは10月4日。申し込み方法はRISING HALLのホームページから閲覧できる。申し込み多数の場合は抽選。問い合わせはRISING HALL(0834・27・6555)。(垣花昌弘)