[PR]

 来年2月に予定されていた南米ブラジル・リオデジャネイロのカーニバルが延期されることが24日、決まった。メインイベント「サンバパレード」の主催団体が朝日新聞の取材に答えた。ブラジルでは新型コロナウイルスの累計感染者が468万人、死者は14万人を超えた。ワクチンがない現状での開催はむずかしいと判断したという。

 主催団体によると、延期されるのはサンバパレードで、カーニバル期間中のほかの行事についてはリオ市などが今後判断するという。パレードの新たな開催時期は未定だが、東京五輪や他のイベントの日程、ワクチンの開発状況などを見ながら決める。

 リオのカーニバルは国内外から数百万人が集まる一大イベント。今年7月、参加団体から「ワクチンのない状況では参加できない」との意見があり、中止するかを検討していた。(サンパウロ=岡田玄)