[PR]

 「3千円が6時間で20万円になったこともあった」

 金沢刑務所の面会室。アクリル板越しに、緑の作業服にマスク姿の北嶋祥太被告(24)は得意そうに話し始めた。

  初めてパチンコ店に行ったのは高校を卒業し、配管工として働いていた時だった。

拡大する写真・図版北嶋祥太被告と2回面会した金沢刑務所=2020年9月14日、金沢市田上町、堀越理菜撮影

 最初は仕事の昼休憩に行き、1、2万円勝った。「こんなに簡単にお金もらえるんやって思いました」。それまで趣味もなかったが、パチスロにはまった。実況動画や必勝本で研究し、ボタンを押すタイミング、台の知識などを蓄え、上達を感じた。「演出が楽しい。台ごとに設定があって、それを探るのが良い。あとはお金を稼ぎたいというのが一番大きい」

 朝からパチスロをする日は、近くの牛丼屋で朝食を取り、開店1時間半前に整理券の列に並んだ。午前10時の開店と同時に入店し、目当ての台へ。たばこと飲み物だけで過ごし、閉店の15分前に店員から声をかけられ、1日経っていたことに気付いたこともあった。営業時間が深夜1時までになる年末でさえ、時間が足りないと感じた。

定職も手放して、パチスロにどっぷりとつかった被告。ある理由で祖父を「邪魔」だと思うようになりました。そして――。被告の事件から、ギャンブル障害(依存症)とどう向き合えばよいかを考えます。

 「一日に何回も万札入れてると…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら