[PR]

 コロナ禍の影響を大きく受けている観光業の「コロナ後」を考えるセミナーが、島根県安来市観光交流プラザであった。市内外の観光施設関係者ら約50人が講演に耳を傾けた。

 安来市観光協会が主催。日本遺産などのテーマ旅行を企画するクラブツーリズムの黒田尚嗣さんが9月23日、「ウィズ・アフターコロナの観光動向セミナー」と題して講演した。

 黒田さんはコロナ禍や価値観の多様化によって、団体のパッケージ旅行や、画一的で大型化した宿泊施設が顧客に通用しなくなってきていると説明。従来のように、広告会社による観光プロモーションや、B級グルメといった流行に左右されやすいイベント企画に依存していては弊害が大きいと指摘した。

 その上で、安来市の観光振興と…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース