[PR]

 コロナ禍の中でも映画を楽しんでもらおうと、屋外での映画上映が26日夜、東京都港区台場1丁目の「アクアシティお台場」の屋上駐車場であった。約70人が、夜景とともに「アニー」などを楽しんだ。

 元は、映画の街として知られる調布市の会社員らが、子どもが騒いでも気兼ねなく映画を楽しめるようにと2015年末に始めた野外上映だ。最初は多摩川河川敷で京王線橋脚に映画を映し出し、その後もビルや廃校などで続けてきた。

 コロナ禍で今年2月以降は中止。だが「3密」回避などの対応策が広まった結果、安心して映画を楽しめる形として施設側から話があり、実現した。実行委員長の唐品知浩さん(46)は「以前よりは寂しいが、客同士の距離はとりやすい。開放感の中で楽しんでもらえれば」と話す。

 27日も午後6時に「サマーウォーズ」、同9時に「グリーンブック」を上映する。チケットは専用サイト(https://odaibacinema0926.peatix.com/別ウインドウで開きます)から。(千葉雄高)