[PR]

 岡山市北区東古松1丁目の解体工事現場の外壁シートに、障害者たちが描いた絵が飾られている。建設会社などが、障害者のアート活動を広く伝えつつ、絵のレンタル料を作者や活動拠点に支払うことで後押ししている。

 外壁シートに、縦1・8メートル、横3・6メートルの絵が4枚。空飛ぶ自動車が行き交う未来の風景や、虹を背景に大海原を進む大型船などを描いている。身体障害や精神疾患を抱える男女3人の作品。

 絵にはQRコードが添えられており、携帯電話で読み込むと、専用ページで作者のこれまでの人生や絵への思いを読むことができる。作品は12月末ごろまで飾る。

 同市南区の重藤組と、障害者の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら