[PR]

 山梨、静岡両県が互いの県産品を購入して支え合う「バイ・ふじのくに」キャンペーンの一環で、県は26日、静岡県の特産品を販売する物産市を県庁噴水広場で開いた。売り切れるブースもあり、多くの人でにぎわった。

 静岡県内のJAや水産加工会社、観光協会などが出店。釜揚げシラスやサクラエビなどの海の幸や、ミカンや茶などの農産物、ご当地グルメの富士宮やきそばなどを販売する計9ブースが並んだ。

 静岡県島田市の特産品の茶葉を買った山梨市の男性(68)は「おいしいお茶が県内で買えてうれしい。新型コロナで生産者も大変だと思うので、いい取り組みだと思う」と話した。

 新型コロナウイルス感染防止対…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら