[PR]

 戦争で負傷した兵士のリハビリの一環として始まったパラアーチェリー。パラリンピックの歴史は、アーチェリーから始まりました。1948年ロンドン五輪開会式の日に英・ストーク・マンデビル病院で開かれた車いすのアーチェリー大会が契機となり、60年の第1回パラリンピックへとつながっていきました。

拡大する写真・図版上山友裕選手(左)とパラアーチェリーを体験した香取慎吾さん=東京都品川区の「スポル品川大井町」、遠藤啓生撮影

 パラリンピックでは手や足・体幹などに障害のある選手が出場することができます。ルールは一般の競技規則に準じていますが、障害の種類や程度に応じてルールを一部変更したり、用具を工夫したりすることが認められています。競技では障害の程度によって、W1(四肢に障害があり、車いすを使用)、W2(下半身の障害により車いすを使用)、ST(立位、または車いすを使用)の三つに分類されます。W1の選手は「W1オープン」、W2とSTの選手は「リカーブオープン」か「コンパウンドオープン」のいずれかに出場することができます。

拡大する写真・図版香取慎吾さんにお手本を見せるパラアーチェリーの上山友裕選手=東京都品川区の「スポル品川大井町」、遠藤啓生撮影

 リカーブ、コンパウンドという…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら