[PR]

 台湾への密航を試みた香港の活動家ら12人が中国海警局に違法越境容疑で拘束された問題で、中国広東省の深圳市公安局は近くこの活動家らを逮捕する方針を決めた。同省側から連絡を受けた香港警察が26日、発表した。民主派が反発を強めるのは必至だ。

 公安局の調査によると、12人は8月23日早朝、香港東部の漁港からスピードボートに乗り込んで出発したが、約2時間後に中国側の海域で海警局に発見・拘束された。出発前、密航を手助けするグループに費用を払っていたという。中国側が12人の密航の経緯を明らかにしたのは初めて。

 香港紙によると、拘束された若者の多くは反政府デモに参加し、香港国家安全維持法違反の疑いなどで逮捕歴がある。公安局は密航の目的について、香港での刑事責任から逃れるためと説明。近く検察当局に逮捕許可を申請するとしている。

 一方、民主派は香港警察が密航…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら