[PR]

 「よくやった!」。大相撲秋場所で初優勝した関脇正代の地元、熊本県宇土(うと)市では27日、市民体育館でパブリックビューイング(PV)が開かれ、優勝の瞬間は拍手と歓声が巻き起こった。

 地元後援会のメンバーや住民、蒲島郁夫熊本県知事、正代の出身中学の相撲部員ら約200人が集まり、観戦席の後ろで大勢が立ち見をするにぎわいぶり。最前列で正代の父・巌さん(60)と母・理恵さん(56)が大一番を見守った。

 正代が立ち合いで翔猿に押し込まれると、会場から不安げな声が漏れたが、突き落としで制すと会場は総立ちになり、歓喜の渦に包まれた。

 取組を見守った巌さんは「感無量です。『よくやった』と伝えたい」と話し、喜びをかみしめるような表情をみせた。理恵さんも「よく頑張った、すばらしい。応援してくれた皆さんも喜んでくれているはず」と活躍をたたえ、涙をそっと拭った。

 正代の出身校・宇土市立鶴城中…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら