[PR]

 石川県能美市徳山町のいしかわ動物園で、7月に生まれたマゼランペンギンの赤ちゃんが公開されている。母親シズカ(12)と父親エツ(15)の子で、9月24日現在、体重は2・4キロ、体長は43センチ。朝夕に親から口移しでもらうアジを食べ、両親以外の他のペンギンとも仲良くしているという。

 飼育担当の新谷純弘(しんやよしひろ)さん(46)は「高い声を上げて親にアジをねだる姿がかわいらしい。ぜひ見に来て楽しんでほしい」と話している。雌雄は10月下旬にも判明する見込みだ。

 マゼランペンギンは胸に黒い線が2本あるのが特徴。同園のマゼランペンギンは、この赤ちゃんを含め、計18羽になった。(三井新)