[PR]

 2019年ラグビーワールドカップ(W杯)開催1周年を記念したイベントが27日、静岡県袋井市のエコパスタジアムであり、ラグビーの聖地の象徴となるモニュメントがお披露目された。

 昨年9月28日、ラグビー日本代表が強豪アイルランドに歴史的勝利を収め、「シズオカ・ショック」として世界に衝撃を与えた。モニュメントは静岡がラグビーの聖地となり、ラグビー文化が普及することを祈念。後半18分に福岡堅樹選手が逆転トライを決めたシーンを再現した。制作費は2千万円。高さ2・66メートル、幅1・3メートル、奥行き0・8メートルで、正面エントランス広場に設置される。

 川勝平太知事、日本ラグビーフットボール協会の清宮克幸副会長、トライを奪った福岡さんらが出席。福岡さんは「ボールを受け取って置くだけだったが、光栄。お世話になった人全員に感謝したい」と話した。(和田翔太)