[PR]

 静岡県沼津市で26日から27日にかけて、大型爬虫(はちゅう)類の捕獲や逃走が相次いだ。

 26日午後2時ごろ、同市下香貫(しもかぬき)の住宅街の駐車場に「オオトカゲがいる」と近所の人から通報があった。県警沼津署員が保護したのは体長約1メートルのミズオオトカゲ。東南アジアなどに生息し、黄色い皮膚に黒い斑点があるのが特徴だ。毒はないが大きいものは体長約2・5メートルになるといい、同署が飼い主を捜している。

 27日午後2時ごろには、同市根古屋(ねごや)の興国寺城跡の駐車場付近で、市内の男性会社員が、飼育していた体長約45センチのトゲオイグアナを見失った。日光浴のため駐車場に連れて来ていたが、目を離したすきに逃走したという。

 連日の騒動に、対応にあたった同署員は、「トカゲの後はイグアナかよ……」と驚いた様子だった。(和田翔太)