ごめん私に首相は無理です…大爆発レバノン、派閥が暗躍

有料会員記事

飯島健太
[PR]

 8月に首都で大爆発が起き、混乱が続くレバノンで新しい政権づくりが頓挫した。復旧や経済危機からの立て直しが急務だが、新首相の就任辞退で振り出しに戻った。国政の刷新を求める米仏の圧力にさらされる中、米イラン間の対立も事態に影を落とした。

 「政府を編成する任務の継続を辞退する。国民におわびする」

 ムスタファ・アディブ氏が26日、アウン大統領との会談後にテレビ演説し、首相就任の辞退を表明した。

 首都ベイルートの港で爆発が起きたのは8月4日。倉庫に保管されていた大量の化学薬品が爆発を招き、大勢が死傷した。危険物を放置していた政府の怠慢が明らかになり、内閣は総辞職。アディブ氏は31日に新首相に指名され、テクノクラート(専門家)が中心の内閣を作ろうとしていた。

 しかし、宗教や宗派で国会の…

この記事は有料会員記事です。残り1597文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら