[PR]

 大相撲秋場所で初優勝を果たした関脇正代(しょうだい、28)=熊本県宇土市出身、時津風部屋=が千秋楽から一夜明けた28日、オンラインの会見に臨み、「(優勝した現実に)自分が追いついていない感じですかね。ここから、ジワジワ(実感が湧いて)くるんじゃないかな」と喜びを語った。

 苦しかった一番に、優勝を決めた新入幕翔猿(とびざる)との取組を挙げ、「千秋楽に当たる相手としては最悪だった。初顔(初対戦)で、新入幕で、しかも好調で……。今場所で、一番意識した相手だったかもしれない」と明かした。

 優勝と同時に、日本相撲協会審判部から大関に推された正代。30日に昇進が正式決定し、伝達式が行われる。そこで述べる口上については、「まだ決めかねている。どの言葉が今後の自分に当てはまるか、自分に合う口上を選びたい」と慎重に話した。