[PR]

 江戸城の天守を復元した模型が29日から、皇居・東御苑内(東京都千代田区)の本丸休憩所増築棟で公開される。これに先立って28日、報道陣に事前公開された。模型は、参観者に歴史を感じてもらおうと、宮内庁が企画し、江戸時代寛永期(17世紀)の天守を30分の1の大きさで再現した。

 東御苑の本丸地区は江戸城の中心だった場所。慶長期、元和期、寛永期にそれぞれ天守が築かれた。宮内庁は2017年10月から約2年がかりで、資料が多く残り、確かな時代考証ができる寛永期の天守を復元した。模型の高さは天守と石垣で約2メートル。模型を設置するために、本丸地区に新たに増築棟を作った。

 今年3月に公開される予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期されていた。同庁担当者は「当時の天守にできるだけ近づけた。過去の歴史を感じてもらえれば」と話している。

 模型は、皇居・東御苑が開園される日に常設展示される。公開時間は、今月中は午前9時~午後4時半(入場は同4時15分まで)。混雑した場合は入場制限する。詳細情報は、同庁のホームページ(https://www.kunaicho.go.jp/別ウインドウで開きます)。(長谷文)