【動画】サラダを配膳するロボットで、サラダバーの「密」を回避=石平道典撮影
[PR]

 東京・二子玉川のレストランで、SF映画に出てきそうな接客ロボットが活躍している。100席の店内を縫うように動き回り、サラダをお客さんの元へ届ける。その狙いは客とスタッフとの「非接触」と「非対面」。コロナ時代の「新しい接客」だ。

 「15テーブルのお客様、お料理をお持ちしました。お取りください」

 高さ約1・2メートルのシンプルな形をしたグレーのロボットが、サラダを載せて客席に滑り込んできた。前面のディスプレーの「目」がにっこりした表情になり、「受け取り後、僕のおでこをなでてください」と催促する。

 客が皿を取り、ロボットの上に手をかざすと、「ありがとうございます。お食事、楽しんでくださいね」と話して、サラダバーに戻っていった。

 ロボット2台を導入したのは、二子玉川駅近くの百貨店「玉川高島屋」(東京都世田谷区)に入るレストラン「THE GALLEY SEAFOOD & GRILL(ザ・ギャレイ・シーフード・アンド・グリル)」。7月にオープンし、シーフードやステーキなどグリル料理とともに、オーダースタイルのサラダバーを提供する。

 流れはこうだ。客は自分の席で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら