拡大する写真・図版LED照明の光を浴びて育つワサビ=2020年9月8日、和歌山県御坊市島、西江拓矢撮影

[PR]

 自動車部品やマージャンパイなどの樹脂製品を手がける和歌山県のメーカーが、ワサビの栽培に取り組んでいる。自社開発した水耕栽培システムを使い、希少価値のある地元発祥の品種に特化。根茎だけでなく葉の評判も上々だ。

 和歌山県御坊市の「大洋化学」の敷地内に設けられたビニールハウスの中には、太陽光を遮断したコンテナのような部屋が二つ。ここがワサビを栽培する「植物工場」だ。

拡大する写真・図版「植物工場」が入ったハウス=2020年9月8日、和歌山県御坊市島、西江拓矢撮影

 2段と3段の棚で、約1千本のワサビを栽培しており、光合成に必要な光はLED照明でまかなう。エアコンなどで温度は20度以下、湿度50~60%に調節し、ワサビが植えられたトレーに栄養分を溶かし込んだ水を循環させる。農薬は使わない。

拡大する写真・図版ワサビ「真妻」=大洋化学提供

 主に育てているのは、隣接する…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら