[PR]

 福岡県春日市の歯科診療所(閉鎖)で2017年、虫歯治療のため麻酔を注射された山口叶愛(のあ)ちゃん(当時2)の容体が急変して死亡した事故で、福岡地検は28日、歯科診療所の高田貴・元院長(55)=同県筑紫野市=を業務上過失致死罪で在宅起訴し、発表した。

 起訴状によると、17年7月1日夕、麻酔薬を使った約1時間の治療後に叶愛ちゃんの容体が急変。叶愛ちゃんの顔色が悪いなどの異変を両親が訴えても、高田元院長は疲れて眠っているだけだと考え、救急車を呼ぶなど必要な救命措置をとらず、同3日に急性リドカイン(麻酔)中毒による低酸素脳症で死亡させたとされる。福岡県警が19年3月、高田元院長を同容疑で書類送検していた。

 叶愛ちゃんの両親は28日、弁護士を通じて「正式に起訴されるという知らせを受けたときには、思わず安堵(あんど)の涙が止まらなくなった。二度とこのような事件が起きないよう真相の解明を求めていく」とのコメントを出した。一方、診療所側の弁護士は、朝日新聞の取材に対し「起訴状が届いていないのでコメントできない」と話した。

 この事故をめぐっては、叶愛ちゃんの両親が歯科診療所側に対し、1億円余りの損害賠償を求めた訴訟が福岡地裁で続いている。(横山翼)