[PR]

 妊婦は意識的に魚を食べて――。妊娠中の油(脂質)の取り方次第で、生まれてくる子どもが高カロリーの食べ物を好み、結果的に太りやすくなる可能性を、広島大と福島県立医科大の研究グループがマウス実験で確かめた。将来的に、新たな肥満予防法の開発に期待が持てるという。

 研究グループは、多くの調理油に含まれるリノール酸などの「オメガ6脂肪酸」と、魚に豊富なDHA(ドコサヘキサエン酸)などの「オメガ3脂肪酸」に着目。いずれも人体に必須の栄養素で、体内では合成できないという。研究グループによると、食生活の中でオメガ6の摂取比率が上がる「高オメガ6・低オメガ3化」が日本を含めて世界的に進んでおり、肥満人口の増加との関係性が指摘されているという。

 そこで同グループは、脂質の量をそろえた上で、「高オメガ6・低オメガ3」のエサと、「両方のバランスが良い」エサの2種類を用意。それぞれ雌のマウスに投与して、生まれた子マウスへの影響を調べた。

 その結果、「高オメガ6」を食べた雌の子は「高オメガ6」のエサや砂糖水をより好んで食べた。原因を調べると、その食行動の動機付けをする脳内物質ドーパミンの放出量や、分泌する神経細胞が増えていることが分かった。

 この神経細胞は、子の代になっ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら