[PR]

 菅内閣は29日午前、共同通信社の論説副委員長だった柿崎明二氏(59)を首相補佐官に起用する人事を閣議決定した。政策の「評価・検証」を担当する。10月1日付。

 柿崎氏は菅義偉首相と同郷の秋田県出身。毎日新聞社を経て1988年に共同通信に入社。政治部を経て編集委員などを務めた。

 加藤勝信官房長官はこの日の記者会見で「柿崎氏は長年、政治・行政分野の報道に従事し、幅広い知識と経験を有している。首相が判断し、任命した。必要に応じて首相に進言を行って頂く」と述べた。(菊地直己)