[PR]

 難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性患者(当時51)に頼まれ、薬物を投与して殺害したとして医師2人が嘱託殺人罪で起訴された事件で、京都府警は29日、別の難病患者が海外で安楽死するのに必要な書類を偽造したとして、大久保愉一(よしかず)容疑者(42)=仙台市泉区=と山本直樹容疑者(43)=東京都港区=を有印公文書偽造の疑いで再逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者らによると、2人は昨年9月、九州地方に住む別の難病患者の20代女性が、海外の自殺幇助(ほうじょ)団体に安楽死を依頼するのに必要な書類を偽名で作成するなどした疑いがある。女性は実際には渡航していないという。

 2人は昨年11月30日、ALSの女性患者が暮らす京都市中京区のマンションを訪れた際にも、付き添いのヘルパーに偽名を告げて面会したとされる。2人が退去した後、女性は容体が急変し、死亡した。府警は2人が偽名を使い、身元の発覚を免れようとしたとみている。