• アピタル

新型コロナとノーベル賞、深い関係 応用範囲やたら広い

有料会員記事

杉浦奈実
[PR]

 今年もノーベル賞の発表が10月5日から始まる。「真理の探究」や「基本原理の解明」といった基礎的な研究内容が評価されるが、過去の受賞研究にはPCRや抗体など、いま世界に広がっている新型コロナウイルスへの対策に役立てられているものも多い。(杉浦奈実)

 新型コロナ対策で知名度を大きく上げた科学用語の一つが、「PCR」だろう。新型コロナウイルスに感染しているのかどうかを調べる検査に使われている技術だ。「ポリメラーゼ連鎖反応」の英語の頭文字を取ってこう呼ばれる。

 酵素のひとつ「ポリメラーゼ」などと反応させることで、患者ののどや鼻からとった試料に含まれる微量のウイルスの遺伝物質を温度の上げ下げとともに倍に倍にと増やし、分析できるようにする。

 PCRを開発した米国のキャ…

この記事は有料会員記事です。残り1889文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら