[PR]

 東京地検は29日、自宅で大麻を所持した疑いで逮捕された俳優の伊勢谷友介容疑者(44)を大麻取締法違反(単純所持)の罪で起訴し、発表した。

 発表によると、伊勢谷容疑者は8日、自宅で乾燥大麻約13・17グラムを所持したとされる。警視庁が同日、自宅から乾燥大麻4袋や大麻を吸うための巻紙を押収していた。捜査関係者によると、伊勢谷容疑者は「吸うために持っていた」と供述。尿からは大麻の陽性反応が出たという。入手経路は黙秘しているという。

 伊勢谷容疑者はこの日、弁護人を通じ直筆のコメントを公表し謝罪した。書面では「私は無責任極まりない甘さで、自分と一緒に活動してくれている方々を、世間の皆様を裏切ってしまったことを身体拘束を受けるなかで嚙み締めています。すべては私自身の奢(おご)り、未熟さや愚かさ、役者、及び経営者としての責任感の欠如により引き起こした事態です」などと記した。また、弁護人は同日、東京地裁に保釈請求した。

 伊勢谷容疑者は2015年の大河ドラマ「花燃ゆ」などに出演。映画でも活躍していた。