[PR]

漫画偏愛主義

 不勉強ですみません、私は楠本まき作品を読んだのは本作が初めてで。書店でコミックスをみかけるたびに、その美しいイラストと手の込んだ装丁がオタクな私を拒否してるように見えて、どうしても手が伸びなかった。

 読んで大反省。なぜ今まで読まなかったのか。もっと若いうちに出合っていれば、自分の魂の形はこの作者によって変えられていたかも。そこまで思うほどに魂を持って行かれた。何か大事件があるわけでもないのに、登場人物たちがただ会話をして生活をしているだけなのに、心を揺さぶられる。「楠本作品が素晴らしいことなんて、漫画好きなら知ってるよ」とまた皆さんから失笑を買いそうだ。

 登場する人たちのたたずまいが、常に自立してる、と言ったらいいのだろうか。社会のおかしさに気づいたらそれをちゃんと言語化して、拒否すべき時には拒否する。それでいて、その振る舞いは、あくまで自然体。帯の文句「未来永劫(えいごう) 孤高でロック」の通りなのだ。

 本作は、タイトルに「裏」とあ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら