[PR]

 大相撲秋場所で初優勝した関脇正代(28)が30日、時津風部屋で大関昇進伝達式に臨む。29日に電話取材に応じた正代は、その際の口上で四字熟語を用いることを明らかにした。

 口上に四字熟語を入れるのは平成以降にはやり、「不撓不屈(ふとうふくつ)」(貴花田)、「一意専心(いちいせんしん)」(若ノ花)、「万理一空(ばんりいっくう)」(琴奨菊)などがある。今年春場所後に昇進した朝乃山は「一生懸命」を入れた。正代が用いるのは、入門後に知った言葉だという。

 ヒントを求める報道陣に、「数字? 入らないです。聞いたことがない人の方が多いかもしれない。でも、『万理一空』よりはみんな知っているかな」。緊張しいを自認し、「かまないように練習したい。楽しみにしてください」。