[PR]

 横浜港の山下ふ頭(横浜市中区)に「実物大の動くガンダム」を展示する催しについて、運営会社は29日、公開を12月19日から始めると発表した。入場チケットの販売は10月2日から。公開は2022年3月末までの予定。

 「動くガンダム」の展示は、「機動戦士ガンダム40周年プロジェクト」の一環で、バンダイナムコグループなどでつくる団体と横浜市が連携して実施する企画「ガンダム ファクトリー ヨコハマ」の目玉。公開は10月1日に始まる予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期が発表されていた。現地ではガンダム本体(高さ18メートル、重さ約25トン)が完成し、現在は動きの最終調整中という。

 運営会社が29日に東京・秋葉原で開いた会見では、「動くガンダム」の企画構想から携わる映画監督・演出家の本広克行さんが「子どもたちにぜひ見てもらいたい。アニメを見て影響を受けた僕らの世代と、どんな化学反応が起きるのか楽しみ」と語った。

 ガンダムの動きの調整を担当す…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら