[PR]

 人工知能(AI)を活用して5人の指名手配容疑者の「今の姿」を予測し、イメージする試みを、民間のプロジェクトチームが警察庁の協力を得て始めた。30日からインターネット上で公開、情報提供を呼びかける。

 チームは、ヤフーと電通デジタル、パーティーの3社で構成。AIによる画像解析技術を使って顔写真データ数万枚から、しわの入り具合など加齢に応じた特徴を抽出するなどし、過去に撮影された容疑者の顔写真に反映させたという。

 3種類の特徴があるAIを使って、容疑者1人あたりそれぞれ「A」「B」「C」のタイプを予測。さらに3タイプを「やせ」「普通」「太らせ」に分け、計9パターンのイメージ画像を、特設サイト「TEHAI」(https://richad.yahoo.co.jp/tehai別ウインドウで開きます)で公開する。

 公開対象の5容疑者は、群馬県で1998年に一家3人を殺害した疑いがある小暮洋史容疑者(51)や、東京・六本木のクラブで2012年に男性を殺害した疑いがある見立真一容疑者(41)、岩手県宮古市で08年に女性を殺害した疑いがある小原勝幸容疑者(40)、東京都三鷹市で男性を殺害した疑いがある上地恵栄容疑者(64)、山梨県山梨市の住宅で現金を奪って男性にけがをさせた疑いがある宮内雄大容疑者(44)ら。警察庁指定の重要指名手配容疑者で、逮捕に結びつく有力な情報を提供した場合の報奨金などが用意されている。

 チームは「今回の取り組みで、…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら