[PR]

 日本相撲協会は30日、大相撲11月場所(11月8日初日)の番付編成会議と臨時理事会を東京・国技館で開き、関脇正代(しょうだい)(28)=本名・正代直也、熊本県出身、時津風部屋=の大関昇進を満場一致で決めた。

 新大関の誕生は、春場所後の朝乃山に続いて今年2人目。熊本県出身力士では1962年夏場所後に昇進した栃光以来、58年ぶり。

 正代は東京都墨田区の時津風部屋で開かれた昇進伝達式で、協会の使者から大関に推挙されたことを伝えられ、「大関の名に恥じぬよう、至誠一貫の精神で相撲道に邁進(まいしん)して参ります」と口上を述べた。師匠の時津風親方(元幕内時津海)は急性膵炎(すいえん)の手術のため欠席し、部屋付きの枝川親方(元幕内蒼樹山)が師匠代理として出席した。

 秋場所で初優勝した正代は、関脇で臨んだ直近の3場所で計32勝。昇進の目安とされる33勝には届かなかったが、昨年九州場所以降の安定感と成長ぶりが評価された。正代は式後の会見で口上について「相撲道に対して、誠実に、最後まで貫き通すという気持ちを込めました」と語った。