米ディズニー、従業員2万8千人削減 長引くパーク休園

有料会員記事新型コロナウイルス

ニューヨーク=江渕崇
[PR]

 米メディア・娯楽大手ウォルト・ディズニーは29日、テーマパーク部門を中心に約2万8千人の人員削減に踏み切る、と従業員に伝えた。新型コロナウイルスの感染拡大によって、米国内でテーマパークの休園や縮小営業が長引いているためだ。

 「ディズニーランド」など米西部カリフォルニア州のテーマパークは3月から休園。南部フロリダ州の「ディズニーワールド」は7月に再開したが、入場者数を大幅に制限している。

 米メディアによると、レイオフ(一時解雇)される2万8千人の大半は両州のテーマパークで働いており、3分の2はパート従業員だという。パークごとの内訳は明らかにしていない。テーマパーク部門では約10万人が働いていた。

 従業員の多くは将来の復帰を…

この記事は有料会員記事です。残り224文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]