[PR]

 国立文化財機構は10月1日、災害から文化財を守る目的で、文化財防災センター(本部・奈良文化財研究所)を開く。全国4カ所にある国立博物館など6施設でセンターを構成し、日ごろから減災に取り組んだり、修繕技術を開発したりする。

 全国を6ブロックに分け、6施設が各ブロックを担当する。東日本大震災のような大規模災害では、東日本は東京文化財研究所、西日本は奈文研が前線対策本部として対応にあたる。

 国立文化財機構は、東日本大震災での文化財レスキュー事業をきっかけに、災害に備える取り組みとして文化財防災ネットワークを2014年に設けた。国立公文書館や国立科学博物館などと連携し、被災した文化財などの保護にあたっている。

 今回のセンター設立を機に、ネ…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら