[PR]

 オウム真理教元代表の松本智津夫(麻原彰晃)元死刑囚の遺骨と遺髪を、東京家裁が次女に引き渡すとした審判について、対立する四女側が30日、審判を不服として東京高裁に即時抗告を申し立てた。

 松本元死刑囚は2018年7月に死刑を執行される直前、遺体などの引き取り先として四女を指定したとされる。だが、17日の家裁の審判は「確定的な意思表示とみるのは困難」とし、「次女らとの関係が最も親和的だった」と判断した。四女側はこの日、「指定の通り、四女に引き渡すのが妥当だ」とコメントした。