[PR]

 自民党の森山裕国会対策委員長は30日、性暴力被害支援事業に絡んで「女性はいくらでもウソをつける」と自民党の杉田水脈(みお)衆院議員が発言したとされることについて「発言があったとすればきわめて遺憾なことだ」と述べた。野党側が「看過できない」として自民党に対応を求めた点については、杉田氏の発言趣旨などを確認する考えを示した。「しかるべきところともよくご相談してみたい」と述べた。

 加藤勝信官房長官は30日午前の記者会見で、杉田氏の発言について橋本聖子男女共同参画相が自民党としての措置を求めた点について問われ、「党の対応については党で判断されると思う」と述べた。「政府としてコメントは控えている」としつつ、「政治家であればしっかりと自分の発言、行動について説明することが当然だ」とも語った。

 杉田氏の発言は25日、自民党の会議で来年度予算の概算要求の説明を受けた際に出たとされる。出席者らによると、性暴力被害者を支援する相談事業をめぐり、元慰安婦支援団体に触れたうえで、民間団体に任せることを批判したという。「ウソをつける」とする発言については、杉田氏は朝日新聞などの取材に「そういう発言はしていない」と否定している。