[PR]

 歌手の安室奈美恵さんの画像を無断で複写して作った傘と知りながら、インターネットで販売したとして、京都府警は30日、京都市伏見区の自営業の男(36)を著作権法違反容疑で京都地検に書類送検し、発表した。「ファンのみんなに喜んでもらいたくてやった」と容疑を認めているという。

 東山署によると、男の送検容疑は昨年9月、愛知県安城市の男性(40)に安室さんの画像を複写した傘1本を5千円で販売し、レコード会社「エイベックス・エンタテインメント」(東京)が持つ著作権を侵害したというもの。昨年12月~今年5月、安室さんの画像が複製されたクッションやタペストリーの販売をSNSで告知し、同社の著作権を侵害した疑いがある。

 府警は、男の自宅から、安室さんの画像が複写されたクッションやシャワーカーテンなど28点を押収。海外から仕入れ、転売していたとみて調べている。