[PR]

 胃に感染する細菌「ピロリ菌」が胃炎を起こす仕組みを、大阪大微生物病研究所の山崎晶教授らのグループがつきとめ、米実験医学誌に発表した。ピロリ菌は胃炎や胃潰瘍(かいよう)などを起こし、一部は胃がんにつながるとされる。今回の研究が新たな治療法開発につながる可能性がある。

 世界の人口のおよそ半分が感染しているとされるピロリ菌(写真=研究グループ提供)は、病原体を攻撃する免疫細胞の働きを高める。ふつう、この働きが高まると、免疫細胞は病原体を攻撃する。ピロリ菌はこの攻撃をかわし、胃炎が起きてしまう。これまで詳しい仕組みは謎だった。

 グループは、ピロリ菌が免疫細胞を刺激して働きを高める物質を探し、2種類の物質「αコレステリルグルコシド」、「αコレステリルホスファチジルグルコシド」を見つけた。ピロリ菌が、感染した相手の細胞のコレステロールを取り込んで、作り出した化合物だった。

 マウスの実験で、この化合物が…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

こちらは無料会員が読める会員記事会員記事です。月5本までお読みいただけます。

この記事は会員記事会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら