【動画】新宿タイガーとゆく、コロナ禍の歌舞伎町=藤原伸雄撮影
[PR]

 マスクをした人々が行き交う中、どこからともなく演歌が流れてきた。前かごにラジカセを載せた自転車をゆっくりこぎながら、東京・新宿歌舞伎町の一角にその人物は現れた。

 ピンク色のアフロのカツラに、花柄の衣装、肩からぬいぐるみや造花を担ぎ、そして虎のお面をかぶる。

拡大する写真・図版歌舞伎町を歩く新宿タイガーさん=2020年8月9日午後、東京都新宿区、藤原伸雄撮影

 原田吉郎さん(72)、人呼んで「新宿タイガー」。ど派手な姿で45年近く、新宿・歌舞伎町のかいわいを自転車で回り、新聞を配り続けてきた。

 新型コロナウイルス感染拡大の元凶とみなされた「夜の街」のいまを知ろうと、新宿を知りつくした彼に案内役を頼んだ。

 まず向かったのは新宿ゴールデン街。細い路地沿いにバーやスナックなど約300軒が連なる。タイガーさん行きつけのバー「Troll(トロール)」を訪ねた。

拡大する写真・図版新宿ゴールデン街のバー「Troll」で店主と話す新宿タイガーさん(右)=2020年8月9日夜、東京都新宿区、藤原伸雄撮影

 店は、ゴールデン街のゲートを入ってすぐの路地沿いにある。外からガラス戸越しに店内が見えるつくりや、チャージなしのスタイルが受けて、近年は客の9割ほどが外国人だった。ラグビー・ワールドカップが開かれた昨秋は、観戦に訪れた来日客らで一帯はあふれた。

 「東京五輪・パラリンピックの期間中は、安全のためにゴールデン街への入場規制をかけないといけないかも」。店主のマリーさんによると、当時、そんな話が持ち上がっていたという。

コロナ第2波 東京100days 新型コロナウイルスの記録
緊急事態宣言が解除されたのもつかの間、東京は新型コロナウイルス感染拡大の「第2波」に直面する。政治や財界、そして人々はどう動いたのか。100日間のドキュメントで迫る。

 だが、新型コロナが街を一変させた。4月に緊急事態宣言が出され、「ゴールデン街全体が真っ暗。こんなことは今までなかった」。マリーさんは6月から店を再開したが、店をたたんだという話を周辺だけでもいくつも耳にする。隣のバーも、気づいたら店が変わっていた。

 7月に入って少しずつ売り上げ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら