[PR]

 東京都は30日、新型コロナウイルスの感染者を新たに194人確認したと発表した。29日は212人で、200人前後が続いた。また、都立広尾病院に入院していた90代の女性が亡くなったことも明らかにした。

 194人を年代別にみると、最多は20代の46人。30代が44人、40代が32人、50代が21人、70代が12人、60代が11人、10代が10人、80代が9人、10歳未満が7人、90代が2人だった。

 「人工呼吸器か体外式膜型人工肺(ECMO(エクモ))を使用」とする都基準の重症者数は、前日より2人減って21人だった。

 また、都は30日、今月24日の感染者数(195人)を2人減の193人に、同26日の感染者数(270人)を1人減の269人にそれぞれ修正した。いずれも抗原検査で陽性となったが、改めてPCR検査をしたところ陰性となり、医師が発生届を取り下げたという。これにより、30日までの都内の感染者数は計2万5738人となる。