[PR]

 「Go To イート」のオンライン予約事業に、飲食店の一部から「もうかるのはグルメサイトだけ」と不満の声が上がっている。ただでさえ経営が苦しいところに、サイトに支払う手数料が重荷になるためだ。飲食業界へのエールになるのか。

 10月1日に始まったオンライン予約は、「ぐるなび」や「食べログ」など13のグルメサイトで予約して食事をした場合、お客は昼食で500円分、夕食で1000円分のポイントをもらえる。来年1月末までポイントが付与され、3月末まで使える仕組みだ。

拡大する写真・図版グルメサイト「食べログ」アプリ内の「Go To イート」の特集サイト

 農林水産省によると、事業の期間中は、飲食店の情報を掲載する手数料(基本料金)は無料だが、サイト予約を通じて飲食店にお客が来ると、昼で1人当たり50~100円、夜だと200円といった具合に、店がサイトに送客手数料を支払うケースが多い。

拡大する写真・図版グルメサイトとイート事業の仕組み

 都内で海鮮料理が人気の居酒屋を経営する男性(37)は「サイト運営会社だけがもうかる仕組み。送客手数料を払う店の負担は大きい」と話す。

 男性の居酒屋がこれまで集客に…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら