[PR]

 楽天モバイルは30日、同日始めた高速移動通信方式「5G」サービスの料金を月2980円(税別)にすると発表した。今春に本格参入した4Gの料金と同額で、NTTドコモなど大手3社の半額以下の水準となる。菅政権が掲げる携帯料金引き下げ要請で業界への圧力が強まるなか、料金引き下げ競争につながっていくのかが注目される。

 「清水の舞台から飛び降りるつもりでやりました」。30日にあったオンラインでの発表会で、楽天の三木谷浩史会長兼社長は、5Gサービスの料金について興奮気味に話した。

 大手3社が5Gの大容量プランを月7千~8千円台で提供するなか、楽天は半額以下で、料金プランはデータ無制限の1種類のみとした。5Gに対応する独自スマートフォンも発表し、「既存の携帯会社と違い、自分たちのテクノロジーで最高品質のサービスを提供する」と強調した。

 だが、実際に5G通信を利用で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら