[PR]

 東京都練馬区は30日、順天堂大学医学部付属練馬病院で、医師や看護師ら23人と患者17人の計40人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

 発表などによると、28日に医師1人、研修医1人、看護師4人、薬剤師1人の計7人が感染していることが判明。感染源とみられる病棟の関係者119人全員にPCR検査を実施したところ、30日に新たに医師1人、研修医5人、看護師9人、事務員1人と患者17人の感染を確認した。

 区は30日、病院に立ち入り検査を実施。同院は当分の間、予約のない新規の外来診療と新規入院を中止するという。