[PR]

 鳥取県倉吉市関金町から全世界に向かって「真実を探す」オンライン会議が3、4日に開催される。元々は4月に、米国やフィリピンなどから宗教家ら約60人が関金に集まり、各人の信仰や文化、歴史を語り合う予定だったが、コロナ禍で仕切り直しとなっていた。

 会議は3年前に米国ユタ州から関金に移住したクリス・バンキャンペンさん(53)が主催する。33年前にモルモン教の宣教師として来日して以来、職を変えながら日米を行ったり来たりして、キリスト教や仏教など様々な宗教に接してきた。それぞれに共通点がありルーツが同じではないかと感じ「それぞれの真理を多くの人で分かち合うことができれば、肌の色や国で人を分け隔てする意識もなくなるのではないか」と考え、会議を企画した。

 講演者には地元賀茂神社の吉田武章宮司や三徳山三仏寺の米田良中住職らも名を連ねる。クリスさんは「宗教にこだわらなくてもいいので、人生になんとなく物足りなさを感じている方々に訪れてもらい、日々の歩み方を考えるきっかけにしてほしい」と話している。

 会議はYouTubeでライブ配信される(リンクはbit.ly/JapanLiveStream)。3日午前9時と正午、4日午前8時半と10時からの4回に分けて、神社宮司や僧侶、牧師、歴史家らの講演を動画配信する。4日8時半からのセッション以外の英語講演には日本語字幕つき。詳細はhttps://restorationarchives.com/library/regional-conferences/2020-japan/別ウインドウで開きますで確認できる。(長崎緑子)

関連ニュース